スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ…

リンクページをあげる場所を間違えていたので訂正しました。
…シリアスになりたいところでミスをする自分に落ち込みます。

リンクを削ったことの正式な報告などについてはまた後日致します。
(さいきん、この日誌が自分のための記録なのか外への報告なのか区別がつかなくなってきています。
きっと、どっちでもあってそれはバランスや比重の問題なんです。)


最近、マザーグースのMy Mother Said That I Never ShouldとA Tidy Wifeが頭から離れません。
少し貼ってみます。



手遊び歌ですが、マザーグースらしい若干鬱に入れる歌です。

My mother said I never should
Play with the gypsies in the wood

The wood was dark; the grass was green
In came Sally with a tambourine

I crept to the sea- no ship to get across
I paid ten shillings for a blind white horse

I up on his back
and was off in a crack
Sally, tell me mother I shall never come back



何もできな子猫を見ているような気持ちになるライムです。
そういう風に読んでしまうのはぼくだけでしょうけれど、しかし耽美な美しさを感じます

I married my wife by the light of the moon,
A tidy housewife, a tidy one;
She never gets up until it is noon,
And I hope she'll prove a tidy one.

And when she gets up she makes such haste,
A tidy housewife, a tidy one;
She takes up the poker to roll out the paste,
And I hope she'll prove a tidy one.

She churns her butter in a boot,
A tidy housewife, a tidy one;
And instead of a churn-staff she puts in her foot,
And I hope she'll prove a tidy one.

She lays her cheese on the scullery shelf,
A tidy housewife, a tidy one;
And she never turns it till it turns itself,
And I hope she'll prove a tidy one.


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。