スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性ボーカルへのご応募締め切りました。

報告が遅れまして申し訳ありません。
女性ボーカルへのご応募は昨日28日夜に締め切らせて頂きました。

今回は、5名の方々からご応募を頂きました。
ご応募下さった皆様ほんとうにありがとうございます!

選考結果は、10月2日までにご応募下さった皆様にメールから通知致します。
採用させて頂いた方の発表は、
後日確認の付きしだいニッシに手での報告と、
ドウガぺージの更新を持って皆様にお知らせさせて頂こうと考えております。


以上女性ボーカル募集についての報告でした。
ご応募と募集の参照、ありがとうございました!
スポンサーサイト

0927 00:51

現在までに女性ボーカルへご応募下さった方へは
応募受理通知を送信致しました。

もしも通知が届いてなかったら、こちらの送信ミスですので
つっこみをよろしくお願い致します。

ボーカル探索中

昨日までに女性ボーカルへご応募下さった方へ受理メール配信致しました。


男性ボーカルについては
依頼させて頂いた方々と、環境が合わなかったり時期が合わなかったり。
なかなか難しいです(´-`)

只今、何方か素敵な歌活動されている方がいらっしゃらないかとネットを徘徊しております。
まったく知らない方々にあしあとを付け回ってしまっているので、なんだか申し訳ない気持ちです……。


あと、絵の方の訂正案を、頭の中にあるのを絵にしなきゃいけなくて
徘徊してばかりも居られないのですが、でも、今はやっぱり歌い手様捜し優先の時期かも。

とりあえず今日は在宅ワークの1日です。
(他人は仕事とは呼ばないかもしれないけれど、本気でやればなんだって仕事になるんだ。)

絵師決定……というのかな…

『仮題)パセリセージローズマリータイム』の絵師が決定しました。

誰かというと、TOPHETです。



……(^^;

ちょっと、もう絵師様を探している時間は無くなってしまいました。
受験もあるので、11月には完成させないといけないという状況が恨めしいです。
今回は傾向がキャラクターイラスト系ではないので依頼が大分難しかったorz

なんだか、音楽とイラストをゲストの方に付けて頂いた動画を作ってみたい
そういう思いがあったのに…こういう方向に進んでしまうのはなんだか不思議な気持ちです。

僕自身で、Neo Classica ASCendant様の音楽にイラストを付けさせて頂けるのは
それはそれで、とても興味深いことなのですが、でもやっぱり奇妙な感じがします。


遠い頂きを目指していたこどもの自分を
大人の自分が、晩ご飯までに帰って来られなくなってしまうから
あっちの山頂を目指しなさいって言われたような気分。

ことに時間の問題については、自分でも大人に成らざるを得ないと納得してはいますが…
やっぱり、こどもの心が彼方の頂きを見つめて居るんです。
早めに気持ちをシフトしないとです。

11月前半まではパセリセージローズマリータイムで手一杯になると思いますー


…でも、でも、もう1本作りたいーという野望は止みません。
オフのお友だちと協力して何かしてみたいけど高3だし方向が合わなかったらダメだし
ネットには、あんまりお友だち…はいなかったりなので、いろいろ逡巡していますです(ーー;

もlしご興味のある方は、お声かけてみて下さい。
お願い致しますー

女性ボーカルの募集について

「(仮題)パセリセージローズマリータイム」の
女性ボーカルの募集を開始致しました。


前任の、綿貫えーいち様は、編曲と歌唱の方向の不一致から
この度の動画制作でご一緒させて頂くことは、諦めさせて頂きました。

ご応募下さった方々の中から、未と企画者が採用しましたのに
このような事になってしまったことを本当に心から申し訳なく思っております。


今回の募集では、また同じようなことを繰り返さないよう
ぜひ、慎重に行っていきたいと考えております

あ…

リンクページをあげる場所を間違えていたので訂正しました。
…シリアスになりたいところでミスをする自分に落ち込みます。

リンクを削ったことの正式な報告などについてはまた後日致します。
(さいきん、この日誌が自分のための記録なのか外への報告なのか区別がつかなくなってきています。
きっと、どっちでもあってそれはバランスや比重の問題なんです。)


最近、マザーグースのMy Mother Said That I Never ShouldとA Tidy Wifeが頭から離れません。
少し貼ってみます。



手遊び歌ですが、マザーグースらしい若干鬱に入れる歌です。

My mother said I never should
Play with the gypsies in the wood

The wood was dark; the grass was green
In came Sally with a tambourine

I crept to the sea- no ship to get across
I paid ten shillings for a blind white horse

I up on his back
and was off in a crack
Sally, tell me mother I shall never come back



何もできな子猫を見ているような気持ちになるライムです。
そういう風に読んでしまうのはぼくだけでしょうけれど、しかし耽美な美しさを感じます

I married my wife by the light of the moon,
A tidy housewife, a tidy one;
She never gets up until it is noon,
And I hope she'll prove a tidy one.

And when she gets up she makes such haste,
A tidy housewife, a tidy one;
She takes up the poker to roll out the paste,
And I hope she'll prove a tidy one.

She churns her butter in a boot,
A tidy housewife, a tidy one;
And instead of a churn-staff she puts in her foot,
And I hope she'll prove a tidy one.

She lays her cheese on the scullery shelf,
A tidy housewife, a tidy one;
And she never turns it till it turns itself,
And I hope she'll prove a tidy one.


リンクを削りました。

表に出てこない活動がいろいろあります。

パセリセージローズマリータイムは11月中頃完成予定になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。